FC2ブログ
「贖い主 顔なき暗殺者」 ジョー・ネスボ著
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「贖い主 顔なき暗殺者」 ジョー・ネスボ著

0
刑事ハリー・ホーレものの第6作。前作の「悪魔の星」やこれまでの「コマドリの賭け」「ネメシス 復讐の女神」「悪魔の星」でオスロ警察が深く関わってきた闇の世界に決着をつけたハリー・ホ-レはクロアチアから来た顔なき殺し屋と対決する。プロローグは1991年の夏、オスロ近郊の森でノルウェー救世軍のキャンプに参加した14歳の少女が暴行される。12年後、2003年12月に時は進む。ハリー・ホーレ、救世軍の大尉の...
「ザ・バット」 ジョー・ネスボ著…大流行ハリー・ホーレもの第1作
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「ザ・バット」 ジョー・ネスボ著…大流行ハリー・ホーレもの第1作

0
大流行となったオスロ警察の刑事、ハリー・ホーレ刑事ものの第1作です。これまで6作が邦訳されています。ハリー・ホーレ刑事ものはミステリーとしての謎解き、文明批評、文章のセンスのよさが詰まった小説ですから、人気があるのも頷けます。これまでのハリー・ホーレ刑事ものの読書日記(5回アップ)は:http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-164.htmlハリー・ホーレ刑事ははオーストラリアのシドニーに出張し...
「悪魔の星」ジョー・ネスボ著…冴えるどんでん返し、エンタメの極致
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「悪魔の星」ジョー・ネスボ著…冴えるどんでん返し、エンタメの極致

0
刑事ハリー・ホーレが主人公のシリーズ。裏表紙には「30カ国以上で累計2000万部超の傑作シリーズ」と感嘆詞つきで誇らしげに印刷されている。本書はオスロが舞台。連続殺人が発生!女性が殺害され、人妻が失踪、弁護士事務所の事務員が女性用トイレで殺害される。共通点は指が切断され、赤い五角形のダイヤモンド型。対する刑事はハリー・ホーレ。この刑事の設定は有能だが、チームワークが大嫌い。警察署内の悪のネットワー...
「その雪と血を」 ジョー・ネスボ著、ラストシーンに涙!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「その雪と血を」 ジョー・ネスボ著、ラストシーンに涙!

0
舞台はノルウェー。主人公のオーラヴは若い殺し屋。麻薬の卸もとのホフマンから仕事をもらっている。闇の世界には対立がつきもの。猟師と呼ばれる男がそれだ。その闇の世界のホフマンから受けた仕事はボス、ホフマンの妻の殺害だ。その妻が性的魅力み溢れている。ツンと尖った唇を持ち、爪先立ちの歩き方に殺し屋は魅了されてしまう。一人称のオーラヴの視点で物語をすすめます。闇の世界の実力者、ホフマン、彼とその妻、そして漁...
「ネメシス」  ジョー・ネスボ著
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「ネメシス」  ジョー・ネスボ著

0
著者の「ヘッドハンターズ」読書記録は:http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3328.html著者の「スノーマン」読書記録は:http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3167.html「スノーマン」と同じ、オスロ署の刑事ハリー・ホーレが主人公です。銀行強盗の場面から始まります。「25秒以内に金を用意しろ!」この威嚇がなぞを解く鍵になります。ハリー・ホーレは銀行強盗ではなく、よく練られ、銀行強盗に...
「ヘッドハンターズ」 ジョー・ネスボ著 (講談社) 
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「ヘッドハンターズ」 ジョー・ネスボ著 (講談社) 

0
著者の「スノーマン」はこれでもかと繰り広げられる暴力と登場人物の優しさのギャップに読みごたえがありました。2014年6月5日の日記で「スノーマン」の書評をブログにアップずみ。http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3167.htmlオスロで著名なヘッドハンターがオランダの会社の元CEOだという男性をヘッドハンティングする。その実、ヘッドハンターは妻の画廊の赤字を穴埋めするのに絵画の窃盗を行っている。...
「スノーマン」 ジョー・ネスボ著 (集英社) 
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「スノーマン」 ジョー・ネスボ著 (集英社) 

0
著者のジョー・ネスボはノルエーの作家。オスロ警察の警部、ハリー・ホーレを主人公にした小説は世界30か国で読まれ、2000万部売れているそうです。「スカンジナヴィアの子供の15~20%は、子供が思っている父親とは生物学的に違う」こんな重大な問題と難病で死を待つ状態の社会人の倫理観という骨太のテーマをかかげ、アルコール依存症、政府機関の体質などを付随させています。ノルエーのオスロが舞台です。ベルゲンも...