FC2ブログ
外国人観光客をかいくぐって…谷中から根津、池之端へ!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

外国人観光客をかいくぐって…谷中から根津、池之端へ!

0
午前11時、上野桜木の交差点にあるカヤバコーヒーの前は長蛇の列。左に曲がって「愛玉子」(上野桜木2丁目11−8)をチラ見。いつ見ても切妻屋根、木造モルタルの質実剛健さに好感を持ちます。この横丁も軽装の白人や、煌びやかな服装の東アジアの人々が歩いています。彼らは「愛玉子」のような簡素な建築物には見向きもしない。ここから不忍通りに向って歩く。旧榊原商店(根津二丁目31)の看板建築を探すも発見できない。...
東上野の店構え…安倍総理もハムカツを食べにやってきた!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

東上野の店構え…安倍総理もハムカツを食べにやってきた!

0
晴れた日は街歩きをするに限ります。古い人間にもすれ違えれば、親近感が涌いてくる。古い建築物を見れば、惻隠の情が起こります。100年近くも、雨風に打たれたまま建っている。文句を言わないし、号泣しないのが立派です。それにひきかえ、ワタシは寒いと言ってはエアコンをつけ、暑いときにはぐったりして昼寝をしたりする。建物はDNAがワタシと違うのだろうか。それとも暢気か鈍感で、天候を気にしないタチなのだろうか。...
入谷の金杉通り…昭和の店構えは消え去るのみか?
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

入谷の金杉通り…昭和の店構えは消え去るのみか?

0
金杉通りは戦災を免れた地域だそうです。看板建築も多く残っていたらしいのですが、今や昭和の建築は風前の灯です。東京オリンピックがあればこの地域もいっそう変わってしまうのでしょう。地下鉄、入谷駅の出口1をでて、言問通りを「根岸一」交差点まで行き、金杉通りを歩き始めました。交差点の左手に「光陽楼」(台東区根岸3-1)が目を引きました。銅板張りが歴史を感じさせます。二軒長屋の看板建築です。そのまま金杉通り...
高さ155メートル! 東京スカイツリー、テラス ツアーに参加!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

高さ155メートル! 東京スカイツリー、テラス ツアーに参加!

0
2018年10月23日から東京スカイツリーでテラスツアーが始まりました。その1週間後に参加してみました。このツアーは平日のみ催行しています。ツアーに参加するには、手荷物はカメラ1個のみ。身の回り品はロッカーへ入れます。そのあと、参加同意書へ署名。ヘルメットや安全ベストを着用して、エレベーターに乗り込みました。あっ、その前に参加費を2500円支払わないといけません。この回の参加者は6名で、ガイドが2名、ガー...
西浅草一丁目。路地と言うよりスキマ。歩くのに勇気が!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

西浅草一丁目。路地と言うよりスキマ。歩くのに勇気が!

0
地下鉄、田原町駅で下車。東本願寺の方向へ歩き出します。地名は西浅草一丁目。眞福寺と清光寺の間の道を歩きます。角にハプニングバーがありますから、その脇の路地を入りました。ハプニングバーも近寄りがたいが、路地も細すぎて入りづらいのです。歩くのがやっとの極細路地です。太陽の光もささない。自転車が置いてあります。乗れるのかな? 古そうです。自転車がここまでくるのに苦労したに違いないなあ。ここで行き止まりか...
根岸の里散歩…無口になって早足は、鶯谷ラブホの前を過ぎるとき!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

根岸の里散歩…無口になって早足は、鶯谷ラブホの前を過ぎるとき!

0
ボッチ散歩です。根岸の里、「妻よりは妾の多し門涼み」をグルグル歩いてみました!JRの「鶯谷駅」で下車し、駅前の「信濃路」をチョイ見しました。この店は西村賢太の小説に頻繁に登場します。西村賢太に殴られるといやなので、外から、こわごわとカメラを向けました。西村賢太の小説、9冊の読書日記は:http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-121.html言問通りを渡り、路地を入ると、明治時代の外務大臣、陸奥...
三ノ輪から北千住まで、投込寺、明治の煉瓦塀、芭蕉の千住大橋
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

三ノ輪から北千住まで、投込寺、明治の煉瓦塀、芭蕉の千住大橋

0
「高田文夫と松村邦洋の東京右側『笑芸』散歩」を参考に、自分の色を加えながら歩きました。まず、地下鉄「三ノ輪駅」から日光街道を千住に向って歩きます。常磐線のガードをくぐる手前に「浄閑寺」があります。創建は明暦元年(1655年)。一般的には「投込寺」として知られています。安政二年(1855年)の大地震でなくなった吉原の遊女たちが投げ込むように葬られたことからきているらしい。以来、遊女の無縁仏は2万5千...
根津、玉林寺脇の路地を抜けると満開の桜、そしてヒマヤラ杉!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

根津、玉林寺脇の路地を抜けると満開の桜、そしてヒマヤラ杉!

0
地下鉄、根津駅から路上に出ると、目が眩むほど太陽路がまぶしい。長い人生を過ごしてきても、陽を浴びると気分がよくなる。相変わらずの太陽まかせの毎日です。言問通りを上野桜木方面へ。右側にある玉林寺で千代の富士の像をちょい見しました。外国人もこの寺の桜を見ていましたよ。玉林寺の脇の路地に入ります。いくつか曲がりながら道なりに行くと階段が現れました。昭和の風景を突然目の前に突きつけられた感じ。歓声を上げな...
台東区小島一丁目から台東一丁目の下町建築を巡る!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

台東区小島一丁目から台東一丁目の下町建築を巡る!

0
地下鉄、仲御徒町駅で下車。多慶屋の前はいつも外国人でごった返しています。お土産をどっと買い込み、大きなビニール袋を持って店から出てきます。清洲橋通りに向かって歩きます。佐竹商店街に入って、ちょっと左に。佐竹商店街を散歩した日記は:http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4054.html「西郷医院」です。威風堂々さを意識して円柱を置いたりしています。隣の板金を貼りつけた看板建築と併せて、ずっと保存...
入谷から三ノ輪街歩き…昭和建築、そして赤ひげ先生、鬼平犯科帳! 
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

入谷から三ノ輪街歩き…昭和建築、そして赤ひげ先生、鬼平犯科帳! 

0
ある街歩きガイドブックを読んで、入谷から三ノ輪にかけては「昭和建築の宝庫」だと知ったのです。すぐに見に行こうか、時間を置こうか迷いました。「善は急げ?」「急いてはことを仕損じる?」どっちを取ればよいのか? 優柔不断なワタシは数日間悩みました。行きたいときに行けばいい。結論に達したのはそれから考え抜いて、数か月過ぎてからです。根が慎重で、決定力がないのだな。「バナナがあるよ」と誘われれば、キャンと鳴...
根津の八幡楼跡周辺の旧色街跡から根津教会を歩いてみた
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

根津の八幡楼跡周辺の旧色街跡から根津教会を歩いてみた

0
2017年11月20日にNHKBSで放送された「TOKYO ディープ」「昭和にタイムスリップした街」を見ました。すでに路地を歩いたはずなのに、覚えていない。杜撰な街歩きをしていたのだな。父親の猿知恵を受け継がず、長年にわたる学校通いで大雑把に生きることを学んでしまったのです。代わりに得たのは、豆大福をいかに美味しそうに食べるか、たい焼きは尻尾から、頭から食べるほうが美味しいのか? 餃子にどれくらい...
浅草橋界隈の下町建築…柳橋、日本橋馬喰町、浅草橋から蔵前へ
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

浅草橋界隈の下町建築…柳橋、日本橋馬喰町、浅草橋から蔵前へ

0
両国駅から歩き始めました。駅前の大通りから路地を入ります。「ちゃんこ川崎」を目指しました。ミシュラン掲載店ですが、食事するのではありません。木造建築をチラ見するだけ。塀も壁も黒。これだけで高級風。大通りにある鉛筆ビルにも「ちゃんこ料理店」が入っていますが。そっちは大衆向き?京葉道路に出て両国橋を渡り、柳橋(昭和4年 1929年)へ。頑丈な鉄骨造りの橋です。勝鬨橋などは大型トラックが脇を走ると、揺れ...
文京区春日の高級感ある三井本家邸跡、川口アパート、徳川慶喜屋敷跡
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

文京区春日の高級感ある三井本家邸跡、川口アパート、徳川慶喜屋敷跡

0
自ら言うのはおこがましいですが、チョイ猿ジジイはその実、高貴なところの「出」ではないかと思うときがあるのです。街歩きが好きなのですが、たまーに大邸宅ばかりに行きたがるのですよ。DNAがそうさせるのでしょうか。この日は、地下鉄「後楽園」駅から春日通りを歩き、富坂警察署を素通り(ご厄介になったこともありません。)し、伝通院前交差点まで行きました。左に折れると、安藤坂。下る手前に第三中学校があります。こ...
谷中、リノベ・カフェ、築地塀、ヒマラヤ杉、谷中墓地の桜
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

谷中、リノベ・カフェ、築地塀、ヒマラヤ杉、谷中墓地の桜

0
「あたり」旧吉田屋酒店から少し歩き、「愛玉子」の先の路地を入ると出現します。昭和13年(1938年)築の木造の3軒家をリノベーションしてカフェを開店したのが2015年です。カフェのほか、パン屋、ビアホールがあります。訪問した日は平日でしたが、人気沸騰で席がありません。「築地塀」と「モダンな塀」「あたり」から「夕焼けだんだん」に向かって歩くと」、左側に観音寺。脇を「蛍坂」に向かって入ったところにあり...
上野公園の桜を見ながら、「ほどほど」について考える!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

上野公園の桜を見ながら、「ほどほど」について考える!

0
昨日は太陽が出て、さわやかな日でした。上野公園は桜が満開です。チョイ猿ジジイは群集の波に翻弄されながら思うのです。人出がほどほどで、ゆっくりと散歩できればいいのに、と。花見客が少なければ、スカスカで寂しいな、なんて嘆くのでしょうね。どちらがホントの自分なのでしょうか。血圧でも数字が多ければ嘆きますし、数字が少なくなるように薬を飲んだり塩分を控えたりします。体重が落ちて少なくなれば、筋トレの量を増や...
レトロ具合が抜群の「おかず横丁」で、どんなおかずが買えたのか!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

レトロ具合が抜群の「おかず横丁」で、どんなおかずが買えたのか!

0
「佐竹商店街」の近く(台東区鳥越)に「おかず横丁」があります。ここは「佐竹商店街」のついでに寄ったのですが、期待に反し、抜群のレトロ具合に感動しました。特に建物ペンキの色が褪せた感じや、頭上に電線がこんがらがっているのがいいですね!ご覧ください。この色調。色の褪せた感じ。それに電柱に張り巡られた電線。サイゴンの街中といい勝負です。横丁のお店は漬物屋、佃煮屋が目につきました。「入舟や 水上商店」に入...
昭和レトロ溢れる佐竹商店街(台東区)のアーケードを歩いてみた!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

昭和レトロ溢れる佐竹商店街(台東区)のアーケードを歩いてみた!

0
JR御徒町駅から昭和通を横切ると紫色のビル、中国人の買い物殿堂「多慶屋」がある。シンガポールのムスタファ・センターのように入口がいくつもある。そこを横目に、まだ歩く。筑波TXの新御徒町駅まで来ると、目の前が「佐竹商店街」だ。JRの御徒町駅から10分弱の道のりだった。歩いたのは火曜日の午後。すでに昭和の感じがする。「日本で二番目に古い商店街」と看板。調べてみたら、「金沢の片町商店街に続き、明治31年...
三ノ輪散歩…旧王子電気鉄道本社ビル、見返り柳、樋口一葉旧居跡
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

三ノ輪散歩…旧王子電気鉄道本社ビル、見返り柳、樋口一葉旧居跡

0
地下鉄三ノ輪駅を出ます。やたら外国人が多い。三ノ輪で何をしようとするのでしょうねえ。日光街道を北へ。警官が立っています。民間の方も警備しているようです。やはりG7サミットのせいなのでしょうか? あるいはマスゾエさんの配慮でしょうか。でも三ノ輪橋界隈で?JR常磐線のガードをくぐると、左手に旧王子電気鉄道本社ビル(昭和2年、1927年)があります。現在は梅沢写真会館。昭和の時代が漂います。古い建築物は...
上野から谷中を歩く… 旧東京音楽学校奏楽堂、東京芸大赤レンガ館!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

上野から谷中を歩く… 旧東京音楽学校奏楽堂、東京芸大赤レンガ館!

0
上野公園へ行く前に東上野を散策しました。昭和通を渡り、下谷神社界隈を歩きます。東上野なんて風情もない町名に変わりましたが、昭和の建物が残っています。昭和を感じる能力はまだまだ捨てたものではありません。年齢を感じる能力は忘れがちですが……。上野駅の陸橋へ。てっぺんまで登る脚力は衰えていない。まだまだ元気だ。病気だって湿疹くらいしかしたことがない。陸橋から見る上野駅は広大だ。乱れずに列車が行きかうのに見...
白山から茗荷谷散歩… 高尾山へ行かなくとも、森林浴が可能?
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

白山から茗荷谷散歩… 高尾山へ行かなくとも、森林浴が可能?

0
地下鉄の白山駅から歩き始めました。ちょうど昼時です。駅の裏側にあるカフェ「ペガサス」を左にみて少し進むとイタリアン「ダディーニ」。若女将がドアから首をだし「いつ食べられるか、保証できません。予約してください」と。「フレッシュネス バーガー」に格下げしました。待っている間に、7人中4人もお客さんが「違う」と言ってました。「注文したものが足りないです」「店内で食べるのではなく、持ち帰りです」「照り焼き...
千石界隈を歩く! …… 木造100年建築、旧亀井伯爵邸など
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

千石界隈を歩く! …… 木造100年建築、旧亀井伯爵邸など

2
先日の晴れた日、都営地下鉄千石駅から歩き始めました。白山通りを白山に向かいます。右手に「伊勢ノ海部屋」。今時の相撲部屋はアパートの1階にありました。「勢」のいる部屋です。そのまま白山方面へ。道路の向こうに「京華女子中学・高等学校」(1933年)がどっしりとした風格を現しました。裏通りに入り、千石駅方面に戻ります。住宅街の左手に「彰栄保育福祉専門学校」(1932年)があります。自分の価値をひけらかす...
護国寺~茗荷谷を歩く…鳩山会館、都営バス大塚営業所など!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

護国寺~茗荷谷を歩く…鳩山会館、都営バス大塚営業所など!

0
地下鉄の護国寺駅から歩き始めます。大塚警察署の前を通り、鳩山会館(1924年)へ。館内もほどほどの広さ。ワタシの猫の額の自宅とは比べ物にならなりませんが……岩崎邸などを訪問している身にとっては、いささか物足りない。鳩山一郎が40歳のときに建てたそうです。ここから元来た道を少し戻り、ねずみ坂に入ります。急な坂だ。謂れが銘板に書かれています。曰く、森鴎外もこの坂を小説にした。と。ここにユニークな家がある...
上野から千住ノスタルジア散歩…地下鉄踏切と千住柳原!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

上野から千住ノスタルジア散歩…地下鉄踏切と千住柳原!

2
地下鉄に踏切があると……噂には聞いていた。日本にある世界遺産の数以上にレアものだ。雨があがった日曜日、上野に出かけてみた。地下鉄上野駅を出てマルイの角までくると、引き攣った目をした若者集団がドラムを乱暴に叩きながら行進してきた。彼らの目つきは「アウト オブ コントロール」状態。音はばらばら。交通整理の人に尋ねると、東京芸大の学生だとのこと。芸術家予備軍か。どうりでまともじゃねえ。東上野4丁目に出る。...
本郷を歩く… 鳳鳴館、宮沢賢治の下宿
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

本郷を歩く… 鳳鳴館、宮沢賢治の下宿

0
地下鉄の湯島駅から春日通りを歩きます。坂を上り、本富士警察署の脇から東京大学へ向かいました。ここは「龍岡門守衛室」(1933年建築)があります。帝国大学の時代に建築されただけあって、貫録があります。向いには「東京大学広報センター」(1926年)がこじんまりとした姿をたたえています。広報センターだけあって、親しみを感じる柔らかな建物です。ここから、構内を突っ切って「赤門」から本郷通りへ出ました。総合...
白山から本郷の木造建築をみる!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

白山から本郷の木造建築をみる!

0
地下鉄駅の白山を下りて、先ずは、「八百屋お七の墓」で手をあわせます。次に向かうは、「新町館三宅邸」です。1923年の建築だそうです。路地裏にモルタルを吹きつけた姿で、あまり自分を主張せずにたたずんでいます。ここから夏目漱石が住んでいたとか、樋口一葉が小説を書いたとかの案内板を読みつつ、西片町に入りました。ここには1935年建築の「西片町教会」があります。かなり年季の入った建築物ですが手入れがされて...
台東区小島から北上野のモダンな東京を歩く!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

台東区小島から北上野のモダンな東京を歩く!

0
地下鉄大江戸線の新御徒町のA4出口で、じっと目を凝らしました。緑の木々の奥がいわくありげです。期待して行ってみると、確かにそこは「台東デザイナーズビレッジ」でした。1928年に建てられた小島小学校の校舎を再利用して、企業家などに使ってもらっているようです。校庭は公園になっていて、近所のお年寄りや勤め人が休んでいました。それじゃ仲間に入る資格はあるな。ここから春日通りに戻り、浅草通りに向かって歩きま...
上野から本郷、東京のモダンを歩く! 黒門小、黒沢ビル
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

上野から本郷、東京のモダンを歩く! 黒門小、黒沢ビル

0
黒沢上野広小路から歩き始めました。路地を入ってそれらしき建築物が見えました。やはり黒門小学校です。学校だよと主張する姿は凛々しい。1930年建築といいますからすでに80年以上すぎています。それでもしっかりと屹立しているのが素晴らしい。真新しい今風のペンキが塗られているのが、何か痛々しい感じがします。日曜日に訪問したので、子供たちの声は聞こえませんでした。黒門という名がついているので、8代目の文楽も...
浅草から蔵前を歩く! 浅草寺子院、浅草聖ヨハネ教会
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

浅草から蔵前を歩く! 浅草寺子院、浅草聖ヨハネ教会

0
地下鉄浅草駅から、松屋横の馬道通りを北上します。言問通りに突き当たったところで左折。そこに「浅草寺子院」があります。浅草寺の裏手に当たり、綺麗に手入れされた3階建ての建物がいくつも並んでいます。まるで高級マンションに瓦屋根を乗せ、和風とも西洋風とも異様な形の建築物は1932年に建てられたそうです。松の木や塀に囲まれ、部外者は立ち入り禁止と立札に書かれています。ここは朝草寺の住職の住居です。なるほど...