FC2ブログ
「土手の伊勢屋」(三ノ輪)で美味しいと言いながら天丼を!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「土手の伊勢屋」(三ノ輪)で美味しいと言いながら天丼を!

0
長い間訪問したいと思っていました。陽気に誘われて、日比谷線の三ノ輪で下車。日比谷線というのは実に興味ある路線です。恵比寿、広尾、六本木とオシャレな地域を通るのですが、上野を過ぎると入谷、三ノ輪、南千住と江戸時代にでも戻ったような感覚の駅名が続きます。三ノ輪駅から、明治通りへ。そして土手通りをしばらく歩きました。スカイツリーが大きく見えてくるに従って、通りには中国人観光客が煙草を吸いながら歩いていた...
 「100パーセント チョコレートカフェ」 京橋
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

 「100パーセント チョコレートカフェ」 京橋

0
クルミをのせたチョコレートケーキ京橋を歩くと、まだ小さな家が残っていたりします。時折、昭和を感じます。このカフェは、かなり前ですが、インド料理の革命児「ダバインディア」を訪問し、満腹になって銀座線京橋駅向かう途中に発見しました。いつも気になっているカフェでした。数軒先には老舗、スターバックスもあるのですが、今をときめくスターバックスさえ、古くさいと思わせるようなガラス張りのカフェです。店内は背の高...
南インド料理 「ダバインディア」 京橋
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

南インド料理 「ダバインディア」 京橋

0
10年位前から、南インド料理なるジャンルがカレー好きたちを席巻しています。その震源地たる「ダバインディア」に出かけたのはまだ数回でしかありません。お店の外観は群青色。内部も同じ色です。いかにも南インドからアラブの世界を彷彿とさせる色合いですランチタイムでもかなり並ぶのは分かっていましたから午前11時半にお店に到着しました。それでも5分程度待たなければなりませんでした。注文したのは5種類のカレーが少...
「光村」(西新橋)天丼は含むと甘さが広がる!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「光村」(西新橋)天丼は含むと甘さが広がる!

0
数年前は、港区周辺に縁があったものですから、時々訪問していました。最近は、疎遠になっていました。数か月前、近くに通りがかったので午後1時過ぎでしたが店へ。残念なことに、ご飯がなくなってしまったと言われ、断念。今日はJR浜松町の近くで、所用を終えたので、25分程歩いて西新橋の「光村」へ。近づくにつれて、まだ経営しているのかなと心配になります。だって、マッカサー道路が脇を工事中だし、周囲は再開発の間只...
 六義園に行ったら、ランチには「フローラ ディ マーレ」( 駒込)へ!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

六義園に行ったら、ランチには「フローラ ディ マーレ」( 駒込)へ!

1
JR駒込駅に下りたP氏は、六義園の脇にやってきました。付近は高い塀に囲まれた豪邸が並んでいます。表札を飛びあがって見上げたP氏は、石を蹴ると鼻歌を歌い始めました。酷い音です。調子も外れています。「父さん母さん 恨むじゃないが も少し……よく生まれたら こんなことにはなるまいに」ムムッ。平尾正晃か。ミヨちゃんだな。 表札には「鳩山邦夫」と書かれていたのです。同じ世代ですが、向こうは東大法学部を首席で卒...
紅茶とスイーツ! 「モノクル カフェ」(有楽町)でまったり!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

紅茶とスイーツ! 「モノクル カフェ」(有楽町)でまったり!

0
イギリスの雑誌、「MONOCLE」が出店しているカフェです。店内は木目調で落ち着ける雰囲気となっています。午後4時30分に入店したからでしょう。お客さんの多くはパソコンを使っていました。アールグレイの紅茶とケーキを注文。特に、ケーキは甘さが程よく、「美味しい」と歓声を上げ、はしゃぎ、その店の雰囲気を壊してしまいました。男性店員は慇懃無礼です。ワタシの眉毛の素晴らしさに、敗北を感じたからでしょうか。...
茄子と鶏肉炒め 「龍公亭」 神楽坂
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

茄子と鶏肉炒め 「龍公亭」 神楽坂

0
神楽坂には、中華料理、フレンチ、オシャレなカフェとより取り見取りです。初心者としては、まず中華料理かなと、早稲田通りを上がり始めました。息が切れそうになったあたりで、方角を確かめるために立ち止まったら、「龍公亭」は目の前にありました。看板には廣東名菜と冠がついています。ランチの時間です。1階は和服を着た女性が数人食事を楽しんでいました。2階に上がると、常連らしいご老人たちが昼間から紹興酒です。話を...
「新宿鮫Ⅹ 絆回廊」 大沢在昌著
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「新宿鮫Ⅹ 絆回廊」 大沢在昌著

0
この作品はシリーズ10作目。シリーズで、600万部売れたそうです。新宿鮫は時代を鮮やかに切り取り、描いてきました。シリーズを読んでいけば、時代の変遷も一目瞭然です。そこに落ちこぼれのキャリアを登場させ、官僚が時代に対応できなくなった姿を描写します。富も権力もない多くの読者にとっては、一服の清涼剤ともなる作品です。時代。次に紹介する文書は細川護煕氏の「内訴録」(日本経済出版社)の一部に田中秀征氏の一...
「竹むら」 (神田淡路町)で、堂々とボッチでお汁粉! 
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「竹むら」 (神田淡路町)で、堂々とボッチでお汁粉! 

1
汁粉を喰うなんて男の風上にもおけないとおっしゃるみなさん、デートでこんな素敵な過ごし方があるのを知ってほしいのです。「竹むら」なら、食事のあとのデザートとして美味しいし、その後のあなたの展開もうまくいくに違いありません。だって、ここは静かで、2人の話もじっくりできること請け合いです。しかしですな、小生は「おひとりさん」で入店しました。いつもひとりです。さばさばしてます。昨今の、日本のコーヒーショッ...
怪味の中華料理  「五指山」 (神田)で激辛餃子と激辛麻婆豆腐!
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

怪味の中華料理 「五指山」 (神田)で激辛餃子と激辛麻婆豆腐!

0
怪味水餃子麻婆土鍋飯五指山。中国海南島にある山脈らしい。そこには少数民族が住んでいるとのこと。これだけで、雲南省やチベットから目先の変わった中国へ行きたいと思っているあなた、訪問したくなりますね。神田にある中華料理「五指山」です。かって「陸羽壺」は激辛四川料理として、巷にファンが溢れていました。閉店したあと、その激辛の伝統を受け継いだ元シェフが神田の「五指山」で腕を振るっているとの噂を聞き、訪問し...
「日本を捨てた男たち」 水谷竹秀著 
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

「日本を捨てた男たち」 水谷竹秀著 

0
家庭を持たずフィリピンやタイを終の棲家にするって人もいるらしいです。何か、凄い魅力がありそうです。東南アジアの微笑み、混沌、ぼったくり。猥雑、騒音、ぐっちゃぐちゃ。これもいいですが、毎日続くと食傷気味になります。なにしろ湿気と暑さにはまいります。お天道様がこれでもかと薄い頭皮を炒り、何も考えられなくなっちゃうんです。日本でも考えていないじゃないかって、読者諸兄、それは言いすぎです。でも、当てはまり...
眺望が素晴らしい! 「ジョーズ上海」(池袋)で麻婆豆腐
go to page

Click for getting more details about this entry.

read more

眺望が素晴らしい! 「ジョーズ上海」(池袋)で麻婆豆腐

0
ウイークデーの昼時、池袋は若者でごった返していますが、サンシャインシティまでくると、静謐な時間が支配しています。このビルは高度成長期の遺物のように、黴臭い感じがするのは、ここで働く人が中高年であることや若者が制服を着ていることにもよりそうです。制服女性が手作りのお弁当を持って、休憩室に赴くのも、訪問者と同じエレベーターです。これから昼食、楽しそうです。高層階にある「ジョーズ上海」は、ニューヨークの...