FC2ブログ

辺利 未来

辺利 未来

muri_1103.jpg




49章から構成されていて、1章当たりの原稿用紙枚数は20枚から30枚となっている。
1章から5章までは各章ごとに今の社会でよく現れる人物を登場させている。

相原友則―ゆめみ市役所社会福祉事務所職員
久保史恵―高校3年生、立教か青山に進学希望       
加藤裕也―向田電気保安センター職員、いかがわしいセールスマン
堀部妙子―スーパーの保安員。万引きを捕まえると胸がすーっとする。
山本順一―市議会議員。県議を狙っている。

6章以後は、5人が順番に描かれ、事件が勃発していく。5人の主人公が絡まりあい、新聞を賑わすような(特にスポーツ新聞)現代社会の縮図となる事件を起こす。筆致がユーモラスなので、深刻にならない。

結末は、主人公たちが同一の交通事故でぶつかり合い破滅していく。大事故なのにクスクスと笑ってしまってすみません。立川志の輔の「緑の窓口」の結末を思い出してしまったからでした。軽やかに、現代社会を風刺している楽しい小説でした。


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「無理」奥田英朗
  • 人口12万人の寂れた地方都市・ゆめの。この地で鬱屈を抱えながら生きる5人の人間が陥った思いがけない事態を描く渾身の群像劇。 合併でできた地方都市、ゆめので暮らす5人。相原友則―弱者を主張する身勝...
  • 2011.06.12 (Sun) 01:37 | 粋な提案