FC2ブログ

辺利 未来

辺利 未来

墓地めぐりをしていても、死ぬのは他人で、自分については考えが及ばないんですよ。「まだ先だよ」なんて……100%死ぬのが確実なのに。

子供のころだって、死ぬなんて考えもしなかったんですよ。
そのまま何十年もすごしてきました。精神的に大人ではないんですね。でもさすがに、サッカーでワールドカップに出場するのは無理だと思う程度には成長しましたが。

他人のお墓に行って、何も考えずに写真を撮れるのも、読書で学んだからでしょうね。墓前で口先だけで哀悼の意を表し、叩頭することができる。今の若者と同じです。「就職の面接くらい、試験管に頭を下げなさい」なんて、コンサルに教えられるそうですから。

若者からすれば、チョイ猿ジジイに席を譲ったり、試験管に頭を下げる理由が分からないのでしょうね。いや、チョイ猿は頭が空っぽだが、体だけは若者並だと見通したのかも。

さて、本妙寺ですよ。
墓地は案内がしっかりしていて、スマホがなくても分かりやすいですよ。


honmyo_1708_5.jpg



honmyo_1708_1.jpg



honmyo_1708_4.jpg




遠山金四郎(寛政5年、1793年~安政2年、1855年)の墓へ。
舞台も映画もみていないのです。今の裁判官の利口ぶった複雑な判決文と違い、簡潔明瞭な判決を出したらしい。この方には若者も尊敬し、黙って頭を下げたのだろうな。


honmyo_1708_3.jpg




続いて、千葉周作の墓。幕末の江戸三大道場のひとつの創始者とあります。この人も、頭を下げられたはずだ。中村俊介はかっこいいですからね。

honmyo_1708_2.jpg



頭を下げられるヒトと下げられないヒトとの差はなんなのでしょうね。頼みごとをするとき、すぐに頷いてくれるかどうか? なるほど杉良太郎だって、高橋秀樹だって、目をむいて「俺に任せろ」てなタイプですからね。


都内のお墓(10か所)訪問記録は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-166.html



世界のお墓(13か所)訪問記録は:
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_ohaka.html













関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply