FC2ブログ

Welcome to my blog

辺利 未来

辺利 未来

もし、ワタシがワインならビンテージに、仏像なら国宝になっているだろう。だれだ? 高級ワインじゃなくて酢だとか、仏像ではなくて廃物だと言うのは。

それなのに、年をとった人間は尊敬されない傾向ガあります。電車に乗っても席を譲られません(優先席に座っているからかも)。飴玉を買ってもオマケをもらえません(グリコを買わないからからかも)。

古い建築はいいですね。よくもそんな世知辛い社会を何も言わずに耐えてきた。文句を言わないから尊敬されるのか。

地下鉄「人形町」で下車しました。
人形町三丁目の洋風建築へ。店舗は不動産屋、たこ焼き店、そして現在は……。一階は改修されていますが、二階に目を転じれば、窓のあたりや屋根のとっぱりにお洒落さを発揮しています。

ningyo_1803_08.jpg


一気に、人形町一丁目。高柳豆腐店へ。
創業100年を超えるそうです。全体的に銅版が緑青を吹いている。一見、西洋建築に見えるが、窓に目を凝らせば、いかにも和風。

ningyo_1803_02.jpg



さて、人形町通りを渡って人形町二丁目へ行こう。
壽堂。創業は明治17年(1884年)。京菓子のお店。暖簾が長いのが京風らしい。

ningyo_1803_01.jpg



裏に入って㐂寿司へ、
明暦の大火(1657年)まで、ここあたりに遊郭があったそうな。右の建物は歯医者だが、元は待合いとのこと。左の㐂寿司はランチタイムで3000円台から。

ningyo_1803_04.jpg


大門通りに出て、金座通り方面へ行くと、加島酒店。
出桁造りで、格の高い酒屋だったのだろうな。

おっと、うぶけやを忘れていました。
刃物店。うぶ毛でも切れるとの評判があったそうな。創業は天明3年(1783年)

ningyo_1803_06.jpg


ここから10分ほど歩いて永代橋方面へ。
日本橋川の河口にあるのが、豊海橋。昭和2年(1927年)架設。なかなか趣のある橋だ。すぐ先に見える、永代橋の輝かしい歴史には及ばないが、モダンな味がする。

ningyo_1803_09.jpg


ここから地下鉄、茅場町駅まで歩きました。1時間の散歩で余裕でした。

別の日に人形町の裏路地を散歩した日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4495.html


人形町「天音」で江戸前天丼を食べた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4401.html


人形町のスイーツ「シュークリー」で楽しんだ日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4547.html







関連記事
スポンサーサイト

Comments 2

There are no comments yet.
つゆ  
実家近くの

半世紀前のメインストリート、いわゆるバス通りには、呉服屋、くすり屋、不動産屋、八百屋など、この写真とそっくりの家並みでした。
今は拡幅され、地下には地下鉄が走って、見るかげ?もありません。

2018/03/08 (Thu) 15:45 | EDIT | REPLY |   
辺利未来  
昭和の建築物

かっての街並みは、八百屋、魚屋、下駄屋、呉服屋、くすり屋、不動産屋など。
すっかり様変わりしましたよね。今や、スマホ屋、飲み屋のチェーン店に変わってしまいました。
それに変わってしまったのは、年長者の顔をたてるといった敬い(?)も。

2018/03/08 (Thu) 16:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply