「メゾン・スヴェニール」(南千住)へ、スマホ乙女にぶつかりそう

2018/ 03/ 17
                 

souvenir_1801_2.jpg


南千住駅の階段を下りていましたらね、前を歩く若い女性がゆっくりと歩いているんですよ。右に避けようとすると、右に揺れる。それならばと、左に行くと、彼女も左に傾いて階段で止まってしまうんです。危うく、接触しそうになってしまいました。

チョイ猿ジジイは、今でこそスマホを見ながら歩かなくとも左右にぶれるんですがね、彼女のような年齢では右に左に揺れなかったですよ。それで、ノンポリのチョイ猿と褒められましたよ。

かっては彼女のように、二つのことを同時にできる天才と言われたものです。
電車に乗りながら新聞を読めましたし、家族のために働きながら税金まで払うことができたんです。十年くらい前までは、コーヒーを飲みながら、ワードもできたんです。それと同時に貧乏揺すりまでしたものです。時々、ラジオでニュースまで聞きながら。

パソコンをいじりながら、三つ、四つのことなんかチョチョイノチョイだったんです。今の若者はヤワですね。スマホを見ながら真っ直ぐに歩けないんですから。チョイ猿はスマホを見なくとも真っ直ぐに歩けないですけど。

駅前の道路の向かいまでたどりつけましたよ。
メゾン・スヴェニール」でタルトルージュという名前をつけたケーキを意気揚々と注文したんです(518円税込)。近くにあるベンチに腰を下ろし、年老いた猿らしく両手を使って味わいました。

東アジアから来た観光客が、銀座を歩き闊歩しまがら片手でアイスクリームを食べているのを見て、みっともないと知りましたからね。

溌剌としたタルトで、甘さは控え目。喉をすっと通りましたよ。

souvenir_1801_1.jpg


スイーツを184回アップした日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-154.html


海外旅行記はHP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。
http://ikokuno.web.fc2.com/








関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント