北斎を歩く⑤ 「東都浅草本願寺」「新板浮絵三囲牛御前両社之図」

2018/ 04/ 07
                 
天気のよい日、北斎が描いた地を歩いてみました。

「東都浅草本願寺」
屋根の上に職人が乗っている。職人の動きが鋭い。真ん中に富士山。
思わずため息! 北斎っていいなあ!

北斎の絵と同じような位置に立つには、地上20メートルくらいの場所からカメラをむけなければならない。ワタシは背が10メートルに届かないので……下から見上げる写真になってしまった。

hokusai_higashi_01.jpg

hokusai_higashi_02.jpg



「新板浮絵三囲牛御前両社之図」
北斎は牛嶋神社の近くに住んだこともあるらしい。

訪問したときの三囲神社と牛嶋神社は隅田川の土手からすぐ。外国人観光客が行きかっていました。

hokusai_mime_02.jpg

hokusai_mime_03.jpg

hokusai_mime_300.jpg


浮世絵は「太陽の地図帖 北斎」と東京人 2016年12月号から)

海外旅行記はHP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。
http://ikokuno.web.fc2.com/


浮世絵の今を歩いた日記は(7回アップ):
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-168.html





関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント