FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

広重を歩く⑤ 「目黒元不二」と「びくにはし雪中」の今!


「目黒元不二」
江戸時代後期には富士講が盛り上がったそうだ。
富士山にはなかなか登れないので、富士塚がつくられそこに登った。

現在の写真は元不二があったいう上目黒一丁目に向ってみた風景。

hiroshige_52_2.jpg

hiroshige_18_1.jpg


「びくにはし雪中」
浮世絵にある「山くじら」は猪だそう。男は比丘尼橋を渡ろうとしている。
比丘尼橋は現存していない。銀座一丁目の外堀通りから浮世絵の方角を思いながら見たのが現在の風景。

hiroshige_18_2.jpg

hiroshige_52_1.jpg


浮世絵の画像は「江戸・東京百景 広重と歩く」から)

これまでの浮世絵の今を歩いた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-168.html


ゴッホの足取りを歩いた日記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_gogh.html






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム