FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

「独裁者の教養」 安田峰俊著…「ワ州」潜入記に胸が高鳴る!


dokusaishano_1803.jpg


著者は「中国人の本音」を刊行しているノンフィクション作家です。

本書は、二部構成となっています。
① 世界の独裁者8人のなりたち、
② ミャンマーの山岳地帯に存在する「ワ州」への潜入記、

独裁者では、毛沢東、ポルポト、りー・クアンユー、スターリン、ニヤゾフ、フセイン、カダフィ、ヒトラーが登場します。

本書では活き活きと綴られているのが、「ワ州密航記」です。
ワ州」はミャンマー領土に存在しています。実質的にはひとりの華人によって支配され、言語は中国語が使われています。軍隊もあるし、通貨は人民元。特異な地域です。そんな異境ならだれでも訪問したいと思うのですが、入域が難しい。

この地域の紹介本は高野秀行著「アヘン王国潜入記」があります。情報が古くなってしまったのが惜しい。

別に、ミャンマー山岳地帯のカレン族民族解放軍に入隊した高部正樹氏が「戦友」を表しています。
読書日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3934.html


いかに「ワ州」に入ったかを知りたいところなのですが、著者は行き当たりばったりです。無手勝流で入域を試みる草の根レベルの奮闘。がんばれと声援を送りたくなりました。国境に住む人々からしたら、得体のしれない日本人がうろうろしていたら、有無を言わさず警察に突き出す。事実、そうなるのですが、入域したのが手柄とばかりはしゃぐレベルの本です。

中国のミャンマーとの国境に関する情報や、一帯をうろつく方法をシステマティックに書いてあれば、読者の期待に沿えるものになったでしょうね。

ミャンマーにちょっとだけ入った日記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/h0706_tachirek_honbun.html


中国雲南省からラオス、ミャンマーの国境のメコン川を船で下って、タイに到着したら警察に連れていかれてしまった一部始終は「メコン川をゆく」で:
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_mekon.html












関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム