Welcome to my blog

辺利 未来

辺利 未来


nicholai180401.jpg


お茶の水界隈はよく歩く地域なのに、ニコライ堂は避けてきました。
エライ人や異風建築物には恐れを抱くタイプなのです。下を向いて通り過ぎてきたものです。

時というのは恐怖心を忘れさせてくれます。
幼稚園で「トイレに行きたい」となかなか言えなかった小心者だったのですが、半世紀以上すぎると、平然と「トイレ」と口にだせるようになりましたし、ニコライ堂に近寄りたくなりました。

nicholai180402.jpg

nicholai180403.jpg

nicholai180404.jpg

nicholai180405.jpg

nicholai180406.jpg


ニコライ堂は明治24年(1891年)に建てられたと、パンフレットにあります。
上部から銅板葺きの屋根を見たいところですが、近くの高層建築物に登らないとだめでしょう。

銅板でドーム型。下から見ても威風堂々! 軽量鉄骨で組み合わせたドーム型屋根がなかった時代に建築。スゴイ!

半生以上も前のモスクワを旅行した日記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/d7008_3moscow.html


コンドル建築、旧島津家袖ヶ崎別邸を見学した日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4646.html










関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply