警察庁長官狙撃事件(未解決事件)の現場を歩いてみた!

2018/ 05/ 14
                 
1995年3月30日、隅田川に架かる千住大橋に近い高級集合住宅群「アクロシティ」で、当時の国松警察庁長官への狙撃事件が発生しました。実は、その10日前には地下鉄サリン事件があり、関連があるのかと囁かれたのです。

その場所は、京成電鉄「千住大橋駅」から、千住大橋を渡り、隅田川に沿って15分くらい歩きました。遠くからでも「アクロシティ」の威容は望まれます。

shugeki180505.jpg

shugeki180504.jpg


近づくと、全体図があったので写真に収めました。
あとで調べたところによると、B~E棟は14階から15階建。タワーは32階建てだそうな。

shugeki180501.jpg


事件があったのはEポートの通用口。
道を挟んで隅田川の土手。いまは散歩する人もまばらで、アクロシティ自体は居住するひとがいないのではないかと思ってしまうほど廃墟モードが高かった。

shugeki180502.jpg

shugeki180503.jpg


最寄り駅は千住大橋駅だけではなく、町屋、南千住からも徒歩15分程度です。
周囲は下町の風景が広がっている。そこに聳え立つ廃墟のような高層建築群は異様でした。

東京駅での暗殺、下山事件、帝銀事件、東電OL殺人の現場を歩いた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-176.html


世界の戦争などのあった地を歩いた日記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_kyoki.html







関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント