FC2ブログ

辺利 未来

辺利 未来


長野駅から松代行きの乗合バスで約1時間乗車するとバスの松代駅に到着しました。そこから約20分、眩暈がするような太陽の陽射しの下を歩いて、松代象山地下壕にたどり着きました。

入口にある案内所の方が、「地下壕は6Kmほどありますが、歩けるのは500メートルです。壕内は寒いですよ」と安全の説明とともに声をかけてくれました。

ヘルメットを借りて入ります。入口は背をかがめなければいけないほどですが、中に入ると余裕で立って歩けます。

daihonei180501.jpg


削岩用ロッド跡。

daihonei180502.jpg

daihonei180505.jpg



天盤にある壕の東西、水平を測った測点。

daihonei180509.jpg



トロッコの枕木跡です。

daihonei180508.jpg



このほか、壕内の様子です。

daihonei180503.jpg

daihonei180504.jpg

daihonei180506.jpg

daihonei180507.jpg


「西部戦線異状なし」を書いたレマルクはこんなことを言っています。
「この世で苦しみをもたらしている人間は、そのことを気になんかしない。善のために戦っている人間が、自責の念にかられる」って。

軍部は政府機関等を移転するために、総計6Kmもの地下壕を一気に掘ったのか。

国内の戦争遺産を歩いた日記(9か所)は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-167.html


海外の戦争の跡を訪問した旅行記(28か所)は:
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_kyoki.html






関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply