FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

広重を歩く⑥ 「筋違内八ッ小路」「昌平堂聖橋神田川」あたりの今!


筋違内八ッ小路
万世橋駅跡あたりが、八ッ小路と呼ばれて賑わったそうです。
絵に描かれた道は広い。


hiroshige2202.jpg

須田町の交差点に向ってカメラを向けてみました。今は高層ビルが建っていて、広さは感じません。

hiroshige2201.jpg



昌平堂聖橋神田川
雨が描かれています。
緑の木々も、白い塗り壁の向こうが湯島聖堂。


hiroshige2302.jpg

同じように写真を撮ってみました。晴れの日。白い壁は湯島聖堂の緑の木々に囲まれています。

hiroshige2301.jpg


広重が描いた地を歩いた日記(目黒、浅草、西新宿)は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-168.html


パリで「藤田嗣治」のアパルトマンを見に行った旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/h1508_26_p_vavin.html



浮世絵の画像は「江戸・東京百景 広重と歩く」から。

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム