FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

「暗殺者の反撃」 マーク・グリーニー著、暗殺者グレイマン対CIA 


ansatsusha_1804.jpg


主人公、グレイマンは所属していたCIAから突然、理由もなく「発見しだい射殺」対象となった。以後、5年、グレイマンはCIAが発する刺客と死闘を繰り広げてきた。今回は、その謎を突き止めるべく、アメリカに潜入する。

グレイマンの入国はすぐにCIAの知るところとなる。
しかし、グレイマンはCIAのあるワシントンDCに入り、資金と武器を調達し、CIAに迫ってゆく。

かたや、CIAを牛耳っているナンバー2のカーマイケル本部長は組織の力とサウジアラビアの諜報組織の力を借りて、グレイマン殲滅に打って出る。

カーマイケル本部長の外国の諜報組織との闇のもたれあいに加えて、CIAの職人肌のスパイマスターやジャーナリスとが登場し、多視点でえがいてゆくのだ。やがて、グレイマンが「発見しだい射殺」対象となった理由やカーマイケル本部長の闇の世界が白日のもとに晒されてゆく。

構成が入り組んでいて知的好奇心をそそる展開や、アクションが連続して展開するので頁をめくるのがもどかしい。素晴らしい読書のひとときだった。

シリーズ「暗殺者 グレイマン」の読書日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-174.html


小説の舞台、ワシントンDCへの旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/h201_ny_washington_1.html








関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム