FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

東京にあるモスク 「東京ジャーミイ」(代々木上原)に行ってみた!


tokyocamii180506.jpg


毎週土曜日の午後、このモスクでは一般の訪問者に解説つきで案内してくれます。全国から観光客が集っていました。ヒジャブをつけた女性も多くみられました。

モスクワ近郊に住むイスラム教徒が革命の影響で、日本に逃れたそうです。彼らが1931年に富ヶ谷に学校を設立。最初のモスクは1938年竣工、現在は2代目で2000年に竣工されたものだと、モスクの案内者が説明してくれました。

大理石やじゅうたんから椅子に至るまでトルコから運ばれたそうです。

tokyocamii180501.jpg

tokyocamii180502.jpg

tokyocamii180503.jpg

tokyocamii180504.jpg


案内の下山氏の次のような言葉が記憶に残りました。

モスクは町の中心に建てられます。神の庇護のもとに、①シェルターの役割もするし、②食事の提供もします」
モスクに行き、神にお願いするのではなく、神の前で話すのです」

「礼拝は1日5回。多いですか? 1日3食に加え、おやつを食べれば、人は1日4回食事をします。人は体と心でできています。食事で体を維持し、礼拝でこころを元気にします」

「断食は厳しいというイメージがあるでしょうが、断食によって①忍耐を覚えます。②食のありがたみがわかります。つまり、感謝の気持ちです。③貧しくて、食べられない人の気持ちが分かります。これは施しの気持ちにつながります」

現在、断食中です。6月14日まで、東京ジャーミイでは日が沈んだあと、トルコ料理を提供しているとのこと。誰でも申し込めるそうです。

tokyocamii180505.jpg


東京のリトル・ラングーン、高田馬場にある「ミンガラバー」でビルマ料理を楽しんだ日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-116.html


回教国、カタール旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/d9310_dohawcup_honbun.html












関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム