FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

銀座「天あさ」の粋なかき揚げ天丼に、どこか似合わない自分がいた!


tenasa_1804_2.jpg


銀座の裏道をボッチ歩きしたときに、発見した店です。

人が一人しか歩けない裏道に粋な店構え。そのときは、メニューをしっかりと頭に刻み、足早に立ち去りました。銀座=身分不相応という常識があるものですから。

後日、意を決し、天丼マニアと連れ立って、戸をあけました。度胸満点の相方が問題を引き受けてくれるとの予感。
「予約はありますか?」
ほどほどに美しい和服姿のお姉さん。その上、若干、上品で笑顔までついている。銀座というのは色白の女性が歓迎してくれるのか。化粧がうまいから、ランチも美味しそうです。

でも、たかがランチ。2268円のかき揚げ天丼で予約の有無を聞かれるとは。
「予約はしていないですが……」
カウンターの端のほうに席をつくってくれました。

そのかき揚げ天丼です。
揚げすぎなのか、衣がカリカリで硬い。食べるのに時間がかかってしまうのです。
チョイ猿ジジイは硬いのは苦手なんです。硬い石は苦手だし、アスファルトだって舐めないのですよ。

揚げすぎていいものは、花火や嫉妬心くらい。チョイ猿は語尾を揚(上)げて話すタイプですが。

tenasa_1804_1.jpg



相方の天丼マニアは正道をゆきます。天丼(1620円)を注文しました。
こっちも度を越したカリカリに苦戦していましたよ。

銀座で営業しているお店だと、美味しい食事を提供すると考えてしまう。ワンパターンの思考でしたが、そうでもないことが分かりました。格がある財務省のエライ人だから人格が高潔だというわけはないのと同じ。卑しい官僚もいて、嘘もつけば、セクハラをしたがるようだし。

tenasa_1804_4.jpg tenasa_1804_5.jpg


人それぞれに感じ方がちがうという当たり前のことを再認識した食べ歩きとなりました。

銀座「天ぷら 阿部」はいける。たったの1000円!

海外旅行記は、HP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。








関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム