FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

西新井大師周辺の建築、寂れぐあいが、今ピーク! 

午前中、西新井大師周辺を歩いた。お店はほとんど開店していない。チョイ猿ジジイは些事にこだわらないタイプなので、店の前で佇み、開いたらどんな雰囲気になるかと想像しながら莞爾として笑ったのだが……。

「かどや」
大看板の「ヤレ」具合が妙に胸を打つ。ペンキが剥げかかった看板はチョイ猿の顔のようだ。クリームを塗ってもどうにもならない顔と同じか。それでほったらかしにしてある看板の気持ちがよく分かる。

nishiarai180503.jpg


「浅香家」
出桁造商家のたたずまいがきっちりと残っていた。
金文字の看板といい、下屋庇といい、お金をかけている。その割には見栄えがしない。そこが謙虚で好感をもつ。

店番のおばさんがひとり。じっとこっちを見ている。それほど客がいない。五分ほど睨めっこをしたのだが、負けた。諦めが、人をだめにするのだ。戦おうと思ったら、とことん睨み合わなければいけないのだ。反省。

nishiarai180505.jpg

nishiarai180504.jpg


「伊勢末商店」
看板の錆び具合に見とれてしまう。そのヤレの度合いがいいので、マニア垂涎の的らしい。それでも現役。手抜きは努力に勝る! ワタシがまだ働いていたころの座右の銘だが、看板にも活用されている。心強い!

nishiarai180501.jpg

nishiarai180502.jpg


それにしても東武電車の「西新井」から「大師前」までの路線は2分乗車。運転手は行ったりきたりしているが……踏み切りもないので、ラクチンな運転で飽きないのかな?

隅田川沿いの佐賀一丁目の寂れぐあいも素晴らしい。
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3844.html


中国、大連のロシア家屋の廃れぐあいは一見の価値がある。
http://ikokuno.web.fc2.com/h0704_dairen_1_honbun.html






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム