FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

「ザ・バット」 ジョー・ネスボ著…大流行ハリー・ホーレもの第1作


thebat1805.jpg


大流行となったオスロ警察の刑事、ハリー・ホーレ刑事ものの第1作です。
これまで6作が邦訳されています。ハリー・ホーレ刑事ものはミステリーとしての謎解き、文明批評、文章のセンスのよさが詰まった小説ですから、人気があるのも頷けます。

これまでのハリー・ホーレ刑事ものの読書日記(5回アップ)は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-164.html


ハリー・ホーレ刑事ははオーストラリアのシドニーに出張してきた。
オスロ警察の刑事なのにシドニーを舞台とする肩透かし。インゲル・ホルテルというノルエー人女性がシドニーでレイプされ、殺されたからだ。

シドニーでホーレはオーストラリア先住民のアンドリュー・ケンジントン刑事と組み犯人を追う。ホーレはアンドリューと共に仕事をすることによって、オーストラリア先住民が後からやってきた白人に貶められてきたかを知ることとなる。この部分が、小説に厚みを加えているのは間違いない。

二人は犯人を追い詰めたかにみえたが、追っていた男は犯人ではなかった。後手を踏んだハリー。やがて、アンドリューは自殺を装って殺されてしまう。

ここから調子は一気に変化し、テンポが速くなり、追跡劇の様相を見せ始める。
ハリーと恋人との関係、酒に逃げるタチであるハリーの人間的な弱さを真っ向から書きながら、アクションも十分に書き込んであるエンターティエンメントだ。

シドニー旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/d9210_sydney_honbun.html


ノルエー旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/h0608_oslo_1_honbun.html





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム