FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

清澄白河、相撲部屋が集る横綱通りから隅田川沿いを森下まで!


清洲橋通りで三野村株式会社のレトロ建築(昭和初期)を見ました。三井財閥の基礎を築いた大番頭、三野村利左衛門が創業した会社の社屋です。しっかりと保存されています。

kiyosumi180602.jpg


脇の横綱通りを小名木川に向って歩くと、右手に大鵬道場がある大嶽部屋。玄関にプロレスのポスターが張ってありました。貴闘力の息子がプロレスをしているのだな。

kiyosumi180604.jpg


左手に行くと北の部屋があった建物。看板は外されています。

kiyosumi180603.jpg


周辺には尾車部屋、錣山部屋、高田川部屋もありました。午後のひと時ですから、若手力士の姿もありません。あるいは名古屋に出発したのかな。

kiyosumi180601.jpg

kiyosumi180606.jpg

kiyosumi180605.jpg


小名木川を渡る万年橋へ。北斎も広重もここで浮世絵を描いています。ここから見える清洲橋が美しい。捨てがたい橋の形です。

mannenbashi180601.jpg


小名木川の川岸で写真を撮影していたら、頭がクラクラしてきました。陽射しが厳しい。ペットボトルの水も尽き、喉もからからです。

芭蕉記念館の当たりで昔、新大橋が架かっていた場所がありました。清親の「東京新大橋雨中図」は女性が傘で上半身を隠していますが、余韻が残る浮世絵です。

また、同じ題名の杉本章子の小説「東京新大橋雨中図」は清親の成長を描いて、読者に力を与える作品です。何度も読み返した小説です。

ここから現在の新大橋を見て、森下へ。
カレーパンのペリカンへ寄ってみましたが、売切れでした。

shinohashi180603.jpg


清澄庭園の東、平野を歩いた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4450.html


海外旅行記は、HP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。
http://ikokuno.web.fc2.com/













関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム