FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

「金蠍」(神谷町)で汁なし坦々麺を食べるおじさんは優しい?


kinkatsu180501.jpg


カウンター席が8席のみの小さな店だ。美味しくて安いので昼食時は行列ができている。自動販売機で切符を購入し、食べている客の背中を見ながら待った。

こんなとき、カウンターで食べている客は必要以上にゆっくりと食事をするように見える。食べ終わっても、のろのろとお茶を飲む。立ち上がりそうで立ち上がらない。すぱっと椅子から立てばよいものを……。おじさんなのに、動作が鈍い!

前にも日記に書いたが、ワタシは待つのが嫌いなタイプだ。人を待たせるのは大好きだが……。ゆっくり食事をしている客は、後ろで、吉永小百合かヤーサンが待っていたら、のんびりと立ち上がるのだろうか。待っているのが、唾を飲み込みながら箸を握って体勢を整えているチョイ猿でよかった。

客の背中をみていると、次第に怒りが募ってくる。
ワタシはパソコンだってサクサクと行かないと叩いてパソコンの速度を上げるのだ。5分がすぎた。忍耐力を養ういい機会だと思いながら待った。

もう待ちきれない。
「何をしているんだ。麺は飲み込むんだよ」
言おうとして、寸前のところで止めた。鼻息を感じたのか、大柄なおじさんがワタシを見たからだ。頬には5センチほどの深い切り傷が残っている。
「あ、どうもどうも。美味しいですよね」
ワタシは吉永小百合に挨拶するように頭をさげたのだった。

汁なし坦々麺」(780円)、友人は「まぜそば」(880円)を食べた。
胸がどきどきして、この日の汁なし坦々麺の味はしょっぱかった。

kinkatsu180503.jpg

kinkatsu180504.jpg

kinkatsu180505.jpg


別の日に、汁なし坦々麺を味わった日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3727.html


上海、虹口で汁なし坦々麺を味わった旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/h1112_shang_niji3_honbun.html






関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム