FC2ブログ

辺利 未来

辺利 未来


今日は「Fall of Yugoslavia Tour」という4時間コースのツアーに参加しました。サラエボ紛争(1992年~1995年)の跡をめぐるツアーです。

紛争時にサラエボは周囲をセルビア軍に包囲されました。セルビア軍の攻撃拠点、破壊された旧市庁舎、墓地となったオリンピック競技場跡、サラエボ側が建設した地下トンネルなどを回りました。

「Yellow Fortress」
セルビア軍はここから市内を毎日攻撃したので、市内の機能は麻痺。水道施設も80%が破壊されたそうです。オリンピック競技場跡は車窓からの説明でした。


写真、右手前の白い柱は、紛争中に死亡した市民の墓標

2018081601.jpg



「地下トンネル」
1993年に建設され、物資はこのトンネルを通って市内に運ばれました。また、市内から脱出する人、入ってくる人の通路となったそうです。

トンネルは高さが160センチメートルとのこと。全長は800メートルあったそうですが、現在は25メートルが公開されています。

2018081602.jpg



地下トンネルのそばの家には弾痕の跡や「サラエボのバラ」と呼ばれる少女が殺された血の跡を赤い樹脂で埋めたデイスプレイがありました。

2018081603.jpg

2018081604.jpg



ツアーの後、ランチは鶏肉とレモネード。1000円くらいでしたね。

2018081605.jpg



そして、スナイパー通りと呼ばれている通りをトラムで往復しました。
セルビア軍が市民を狙撃した通りです。まだ、通りのビルには弾痕跡が残っています。

2018081606.jpg

2018081607.jpg



第一次世界大戦の引き金となったサラエボ事件の現場もみて、ホテルに戻りました。たった25年前の傷跡が生々しいサラエボです。

これまでの海外旅行記は、HP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。
http://ikokuno.web.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply