FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

ポーランド、ナチス・ドイツ建設のオスフカ地下施設(写真22枚)


h1808_osowka_042.jpg


「地球の歩き方 ポーランド編」には「オスフカ地下施設」への案内が写真つきで記されています。
曰く、「地下には第2次世界大戦中にナチス・ドイツ軍によって造られた6つの地下道がある」と。

行き方は、「ヴロツワフからヴァウブズィフまでは(鉄道が)1~2時間に1~3便、所要時間1時間20分、16.8ズロチ~。オスフカがあるグウシュツァまで頻繁にでているバスを利用する。所要時間30分。6.7ズロチ」だと。

この記事がとぼけた情報で、信じて行ったら迷うぞ!
下車駅と紹介されている「ヴァウブズィフ」にはこの名前のついた駅が3つか4つ。
一般的にはヴァウブズィフと言えばヴァウブズィフ駅をさすのでしょう。そう思って、グーグルやユーチューブ駅周辺を調べてみました。

何もない。
旅行者のウエブサイトにも、「オスフカ地下施設」のHPにも行き方は掲載されていない。それではと「ポーランド政府観光局」や「オスフカ地下施設」のツーリスト・センターに行き方の照会メールをだしたが、なしつのつぶて。

そんな街歩きの写真をホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしました。
http://ikokuno.web.fc2.com/h1808_006osowka.html



h1808_osowka_036.jpg

h1808_osowka_034.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム