FC2ブログ

辺利 未来

辺利 未来


越中島線は小岩から続いているそうです。
西大島界隈の線路土手あたりから歩いてみました。
この線は今でこそレール輸送専用線という悲哀を味わっていますが、
昭和4年(1929年)開業の老舗です。

「アリオ北砂」には2000年まで小名木川駅があったらしいですね。
貨物を鉄道で輸送する栄光の時代は終わったようです。

さて、歩き始めた「大島銀座」通りの終りあたりは線路沿いに草木が生い茂り、
路地感があります。学校帰りの子供たちが元気に飛び跳ねてゆくのも長閑です。

echujima180901.jpg

echujima180905.jpg

echujima180906.jpg


貨物列車がガードの上を通り過ぎてゆきます。
汽笛が「憂き我を、さびしがらせよ、閑古鳥」という芭蕉の句を思い起こさせます。

echujima180903.jpg


小名木川橋梁です。橋梁に沿って川を渡れないので、明治通りまで迂回。
途中、インド人のご婦人が旗を持って生徒の下校を守っていました。
後で調べたら、大島の人口の3%はインド人。インド人学校もあるとのこと。

echujima180908.jpg


また越中島支線に戻り、「第二八右ェ門ガード」へ。
高さ制限1.6メートル。厳しい制限です。

echujima180909.jpg


そして「南砂線路公園」へ。
すぐそばを貨物列車が通りすぎるのを体験できるのがウリの公園です。

echujima180910.jpg


その先は葛西橋通りに設置された踏切。

echujima180912.jpg


越中島支線の脇に道路はないので明治通りにでて、南砂緑道公園に入ります。
ここは城東電軌の線路があったところ。
この緑道を歩いた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-3849.html



南砂緑道公園を歩いて、地下鉄東陽町駅にでました。

echujima180913.jpg


越中島支線は、日曜日を除き1日3便の運行だと南砂線路公園に説明板がありました。まだ元気で活躍しています。


廃線路歩きの日記(11回アップ)は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-99.html


海外の鉄道乗車記録は:
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_tetsudo.html








関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply