FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

外国人の方が多いという川口の「芝園団地」を歩いてみた!


shibazono180902.jpg

shibazono180903.jpg


芝園団地」はすでに外国人の人口のほうが多いと、次のような媒体で紹介されてきました。
「隠れ移民大国ニッポン」(週刊東洋経済 2018.2.3)、
芝園団地 静かな分断を越えて」(朝日新聞 2018.6)、
「半数が外国人の町で」(朝日新聞 2018.7.16)

平日だと住民は仕事に出かけていて静かかもしれない。
日曜日の午後に歩いてみれば、住民も活動しているだろうと。

JR京浜東北線、蕨駅から駅前にでると美容室がやたら目につきます。
南浦和駅のほうへ線路に沿って5分ほど歩くと「芝園団地」の入口に到着しました。

子供の声も少ないし、歩いている人もあまり見かけない。時折、自転車に乗りながら携帯電話で話している女性の声が聞こえました。中国語ですが、喚くようではない。日本の東京近郊にある団地の風景が広がっていました。


shibazono180908.jpg

shibazono180909.jpg


貼紙は真ん中が中国語。厚遇されていますな。両脇に日本語と英語を従えています。日本人の私は、背中にナイフを突き立てられたような痛さを感じます。すぐに外国人の人口が多くなるのだからと、気持ちをなだめようとするのですが……ますます背中が丸く小さくなる自分を感じます。


shibazono180907.jpg


団地の中央にショッピング・センターがありました。いかにも「芝園団地」らしいのは雑貨店や中国料理店です。看板の色彩が中国! 中国料理店だからいいのかも。

shibazono180904.jpg

shibazono180905.jpg


その先にはスーパーマーケットもある。
出入りしているのは高齢者が日本人、働き盛りの客は外国人といったようです。

現在、在留外国人は全国で247万人。日本の人口の1.95%(週刊東洋経済 2018.2.3)だとのこと。この地区は50%を超えている。もう、在留外国人の存在から目を閉じていてはいられない時期なんですね。

アジアンタウンを歩いた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-category-178.html


東アジアの街角を歩いた旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/in_asia_east_2014.html









関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム