FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

クラクフ、プワショフ強制収容所跡(写真15枚)


クラクフの郊外にプワショフ強制収容所跡が残っています。
多くのユダヤ人がここに運ばれ、殺されました。その様子は映画「シンドラーのリスト」のシーンにでてきます。

8月にこの収容所跡を訪問したときの旅行記を、ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしました。
http://ikokuno.web.fc2.com/h1808_014krakow_plaszow.html



かってのユダヤ人の斎場、ナチス・ドイツが着てからは将校の宿舎
h1808krak604.jpg


クラクフのゲットー解体に伴い、ユダヤ人は家畜用の貨車に詰め込まれて、アウシュビッツに送られました。ゲットー内で射殺されたユダヤ人の遺体はプワショフ強制収容所内に掘られた穴に投げ込まれたそうです。

映画「シンドラーのリスト」で所長がライフル銃で人間狩りをする場面には衝撃を受けましたが、その所長がバルコニーから収容所員を射殺した家(映画でも使われた)が残っています。

ここはアウシュビッツとは異なり、土地の人が歩いているだけ。
静かにその時代を偲ぶのにふさわしい場所でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム