FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

【洋館】旧山本有三邸(現山本有三記念館)、三鷹市


yamamoto191006.jpg


大正末期に建てられた洋風建築です。
山本有三はこの土地(1200坪)と建物を 貿易商などをしていた清田龍之介から購入。昭和11年(1936年)から昭和21年(1946年)まで住んでいたそうです。戦後、この建物は進駐軍に接収されました。

その後、進駐軍から返還された建物は内部がペンキで塗りたくられていて、山本有三は住む気にならなかったそうです。


山本有三の作品は読んだことはありません。
小泉元首相が所信演説で山本有三の戯曲「米百俵」を引用したことで、この作品の名前は知っていました。「路傍の石」も。前庭には巨大な「路傍の石」が置いてありました。

yamamoto191001.jpg

建物1階の一部分が鉄筋コンクリート造り、2階が木造となっています。
1階は応接室などがありました。

yamamoto191002.jpg

2階の和室は書斎や子供部屋となっていました。
yamamoto191003.jpg

yamamoto191005.jpg


三鷹駅から歩いて10分くらい。山本有三が住んだころは、近くに玉川上水が流れる音が聞こえて、自然豊かな環境だったのでしょう。
旧小笠原伯爵邸を見学した日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4725.html


アメリカ、ディープサウスでニューオリーンズの豪邸を見学した旅行記は:
http://ikokuno.web.fc2.com/h1003_oakalley_honbun.html





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム