FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

太宰治の墓+入水場所、それに森鴎外の墓(三鷹、禅林寺)

みたか観光協会では毎月1回、太宰治などのゆかりの地を巡る説明会(無料)を開催しています。それに参加しました。

太宰治の墓です。
今年は太宰没後70年です。また、11月3日は太宰の墓の前で自殺した田中英光の命日でもあります。田中は昭和24年(1949年)11月3日に太宰の墓の前で自殺しています。

dazai181005.jpg

dazai181006.jpg


太陽の光が強い。じっと瞑目していると、6尺を超える巨漢の田中の姿が浮かんできます。墓前で薬を飲み自殺を図った。その巨体、ロスアンゼルス・オリンピックにも出場したという運動神経、文学の資質。羨ましいほどの才能を持った方なのに。

田中英光の墓を訪れた日記は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4148.html


太宰の墓の前に、森鴎外の墓があります。いや、鴎外の墓の前に太宰の墓が。

dazai181004.jpg


墓所に来る前に、観光協会の案内者が連れていってくれたのは、太宰がよく酒を買いにいった「伊勢元商店」跡。現在は太宰治文学サロンとなっています。太宰が住んでいた家(ピース又吉も下宿していた。)。山崎富栄が下宿していた家の跡、太宰の仕事部屋だった田辺肉店跡、馴染みの寿司屋、美登里寿司店跡などです。

太宰以外では三谷晴美(瀬戸内寂聴)が昭和26年から2年半下宿していた家の跡、横綱男女ノ川が暮らしていた家の跡なども案内していただきました。

太宰が山崎と玉川上水に入水したらしい場所です。
太宰の仕事部屋は入水地点から100メートルほど。道路を挟んで向こう側は山崎の下宿先でした。

dazai181001.jpg

dazai181002.jpg


世界のお墓を訪問した旅行記は(13か所):
http://ikokuno.web.fc2.com/thema_ohaka.html









関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム