FC2ブログ

楽しくって、ふーらふら!

 グルメ、読書、街歩きを楽しんでいます。

元祖カレーパン「カトレア」 (森下)


cattlea181002.jpg

cattlea181004.jpg


この店は「元祖」と自称するだけあって、1世紀近くカレーパンを販売しているらしい。ずっとイチバンとは凄い! 

前回訪問したときは売り切れだった。
今回は3時の焼き上がりを狙って、1時間前から近くのカフェで待機した。時間の10分前に列に並んだ。なんと計画的な人生なんだろう。

お店も時刻通りに動く。3時になるとご主人が1個ごとに小袋に入れ始めた。おかみは客の対応だ。

これほどの苦労をしないと食べられないカレーパンなのだから、「元祖」と自称するのを許してあげたい。

2個買って(1個180円+税)、近くのベンチに腰を下ろして食べた。
噛むとさくっときた。じわっと旨みが広がっる。甘いカレーがぎっしり詰まっているので、パンから垂れて落ちそうになるのを、首をかしげて口で受ける。これがたまらない。

この日記を読むような紳士淑女は道端で、手づかみで、カレーパンを頬張るなんていう芸当はできないだろう。ワタシのような無欲で、太っ腹で(胃弱ではありますが)、細心にして豪放磊落、神経質だが泰然自若でないと無理だ。

だからワタシはエステに通わなくても皺だらけだし、ファッション誌から抜け出したようなお洋服を着ても貧相だし、ジムで体を鍛えていても貧弱だし、脱毛しなくても禿げているし、読書をしてもバカでいられる。

一流大学から一流会社に入社して何十年も努めた挙句、社長にもなれないことを自慢している人もいるが、ワタシなんか三流大学を二浪して入学を許され、制限いっぱい留年し、就職浪人を二年もしているのに、自慢しない謙虚な猛者なのだ。もちろん取締役にさえなれなかった。

話がずいぶん、逸れてしまった。人生について語ると、ムキになる。いまさら過去を語っても、変えることができないのに。でもこれがワタシのセコサだ。

下町の小さなパン屋だが、平日で1000個、土曜日は1500個を売り上げるそうだ。味で勝負しているのだな。

cattlea181001.jpg

cattlea181003.jpg


カレーパン「ブーランジェリー マーブル」(水道橋)は元祖ではないが、美味しい!
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4571.html


ブリュッセル「Wittamer」のパンはいいそ!
http://ikokuno.web.fc2.com/h1308_29brussels_plais.html





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ブログ内検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)


画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ
来客
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム