FC2ブログ

辺利 未来

辺利 未来


lifehacks1811.jpg


年を加えるごとに、一日を短く感じるようになりました。30代のときのように頭が回転しないし、体も効率的に動かない。気づくと、「ああ、もう夕方か」と。

また一日中、テレビでサッカー中継を見ることがあります。
浦和レッズ戦。勝てば、サッカーダイジェスト、スポーツ番組で浦和レッズの勝利を確認する。稀にしか勝たないので、TVでウソを放送しているのではないかと心配なのです。そう、サッカーは心臓に悪いし、テレビの見すぎで目にもわるい。

一日何をしたのかと考えてみれば……朝起きて何気なく新聞を読んで、夕方にはTVでニュースを見る、夜は意味もなくネットサーフィン。惰性によって過ごす時間ばかりです。

著者はライフハックなどのテーマでブログを発信しています。
日常の行動のうち45%が習慣によるものだと述べます。「時間の使い方を変えて」みて、併せて人生を変えてしまおうと250ライフハックが書かれています。

この本を読んで、参考となるところが多かったですよ。
ところで、ライフハックとは……ウィキペディアには「情報産業業界を中心とした仕事術。いかに作業を簡便かつ効率良く行うかを主眼としたテクニック群。ハッカー文化の一つ」だと書かれています。

本書の内容ですが……、
「人生と仕事を変える小さな習慣250」を8分類しています。この小さな習慣は実行できそうな項目が多いのです。
曰く、
① 時間管理⇒時間は増やせる。
② タスク管理
③ 集中力・ストレス対策⇒やる気も仕組み化
読書・情報収集・学習⇒情報は減らして管理する。
⑤ 発想・アウトプット・思考
⑥ コミュニケーション&チーム
⑦ 日常生活
習慣化・やめない技術

一日があっという間にすぎてしまうと感じているものにとって、「時間の使い方を変える」ことがポイントだと分かりました。たった24時間しかないという感覚から、たっぷり24時間もある精神的豊かさへの方向転換ということです。

著者は、「テレビ視聴に使っていた時間を、あこがれの作家の作品をすべて筆写する時間に置き換えてもよい。平均的な時間の使い方をしていては、平均的なことしか生まれない」と述べます。

愚直に本に書いてあることを真似してみました。
そうです。ワタシのライフハックです。

① 時間の使い方を変えてみた。
② やらないリストを作ってみた。

上記の①と②は連動しています。
今まで、TVを1日1時間以上はみていました。ネットの利用は2時間くらい。用事もないのに、1日何度もメールチェックしていたほどの浅はかさだったのです。これらで1日計3時間ですから、多いですね。

今は、1日当たり、テレビは多くて1時間。だいたい30分。ネットの利用は劇的に少なくなりました。

すると時間が創出されます。この時間の一部を1日15分から30分まで(30分以上はしない。)で、庭の手入れや家の掃除をすることにしました。

掃除は1日30分以内というのはNHK「明日も晴れ、人生レシピ」に出演した一田憲子さん(編集者)の言葉です。

これで、時間が劇的に増えました。
1日って時間がたっぷりあるのだなというのが実感です。

命のあるうちに何をしておくのかを考える「最後の授業 ぼくの命があるうちに」ランディ・パウシュ著は:
http://hamidashirakuen.blog36.fc2.com/blog-entry-4632.html


海外旅行記は、HP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。
http://ikokuno.web.fc2.com/





関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply