FC2ブログ

台湾、嘉義 なう … 阿里山森林鉄路に乗車!



平日は一日一便往復している阿里山森林鉄路に乗車しました。
標高差1400メートルをゆっくりと登る鉄道です。

予約が取れにくいとガイドブックにあったので、
日本でインターネットを介して予約をとっておきました。
台湾に入って、セブンイレブンの機械を使って発券。
その切符を持って、出発駅、嘉義駅に向いました。

狭いゲージに列車が入ってきました。
坂を登るので5両の客車を押してすすみます。牽引する方式だと、
事故の危険性があるのでしょう。

alishan01.jpg



1時間半ほど乗車すると、かなり登ってきました。

alishan02.jpg



スイッチバック地点です。ガイドさんの話だと、
丸印をつけたところまで列車は登ってゆくそうです。


alishan04.jpg


alishan03.jpg





奮起湖駅に到着。ここから列車は折り返します。

alishan05.jpg




名物の駅弁を食べました。パーコーが入っています。

alishan06.jpg





帰りです。トンネルの前で写真をとりました。

alishan07.jpg





列車はどんどん下って、嘉義駅を目指します。

alishan08.jpg



楽しい一日でした。

海外旅行記は、HP「海外を旅してみたら、こうだった!」にアップしています。
http://ikokuno.web.fc2.com/



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

辺利 未来

Author:辺利 未来
海外旅行(路地裏、秘境チックなところ)、読書、レストラン探訪を中心に記事をアップしています。

ホームページ「海外を旅してみたら、こうだった!」(リンクの最初)には海外旅行記録をアップしています。

著作(電子書籍)



画像クリックで、アマゾンへ飛びます。


「炎の虎が翔けた!」 辺利未来著


「日本のサッカー、ワールドカップ出場に先駆けること――32年。

1966年ワッカー、イングランド大会で忽然とデビューし、消えたアジアの男がいた。

なぜ、彼は夢と愛を捨てなければならなかったのか……」




「バンコクでねじれる」 辺利未来著

bog_bangkok.jpg

もう、たまりませんわ!

九〇年代初頭、繁栄に向かうバンコクで
メイドに、美貌の未亡人に負け続ける……。




「あの日、セーヌ左岸で」 辺利未来著


高層ビルが建ち始めたパリ

既婚者どうしのためらいを抱えたまま
ぎこちない恋が始まった

カテゴリ

来客

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: